第21回九州ブロック介護老人保健施設大会 in さが

大会会長挨拶

第21回九州ブロック介護老人保健施設大会in佐賀

大会会長 藤岡 康彦

(一般社団法人 佐賀県介護老人保健施設協会会長)

この度、第21回九州ブロック介護老人保健施設佐賀大会を2021年10月21日(木)、22日(金)の日程で開催する運びとなりました。前回は平成23年に第13回大会を担当してからの開催となります。前回同様 交通アクセスの便利さを最重要と考え、会場を佐賀市文化会館とさせていただきました。年号が令和となって少子高齢化のスピードがさらに進み、平成とは違う時代になっていくものではないかと予想されます。

大会テーマを『がばいよか老健 ~令和時代の老健の在り方とは~』と題しました。
がばいとは佐賀弁で「とても」とか「非常に」といった意味であり、令和の時代になってもとても(非常に)良い老健施設であるようにとの願いと想いを寄せたものにしました。

また、皆様もご存じのとおり介護保険施設を取り巻く諸問題は、私共、介護老人保健施設だけではなく、我が国の社会保障制度全体の問題でもあります。介護老人保健施設は、日本の社会保障制度を支える社会資源のひとつとして、地域の在宅ケアを支える拠点となるよう様々な努力を重ねております。

昭和から平成そして令和に移り変わったこの時代に、住み慣れた場所で安心・安全に暮らせる地域づくりを構築することが重要であるのではと考え、いま一度介護老人保健施設の役割と機能を皆様と一緒に考えてみてはと思っております。ぜひ、佐賀でSAGAされてみてはいかがでしょうか?令和時代の老健の在り方を、九州ブロックの介護老人保健施設関係者の多くの皆様の参加を心よりお待ちいたしております。